スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In From The Storm 



映像に残っているものとして唯一のロート兄弟共演が、1991年にドイツはケルン(Cologne)で行われた「The Jimi Hendrix Concert」(ミ・ヘンドリックス・トリビュート)。
これは、ウリ・ジョン・ロートが、"Musical Director"を務めたコンサートでもあり、「自分はあくまでサポート」と、バックグラウンド役に徹しているジーノ・ロートですが、それでも数曲、弾きまくっているものもあります。

ヘンドリクス・ソングスの中でも、比較的ロック色の強い楽曲に対して、兄のウリが「おまえ、行け!」とサインを送ったらしいですが、この「In From The Storm」の中でも兄弟のアイ・コンタクトがほほえましく…。笑
ラウドに聴こえてくるリード・ギターは、ジーノ・ロートによるものです。



「The Jimi Hendrix Concert」は、その出演者が豪華だったんですよね~。
Uli Jon Roth、Zeno Roth以外にも、錚々(そうそう)たる面々がずらり。

Jack Bruce / Michael Flexig / Francoise Garny / Randy Hansen / Oliver Hennlich / Jule Neigel / Manni Neumann / Nadja Ollig / Jane Palmer / Simon Phillips / Herb Quick / Tobias Stachelha / John Wetton / Peter Bursch


ジョン・ウェットンにもくらくらきますが(こない、こない)、サイモン・フィリップスのドラミングは、やはり天才級ですよね。
この後、ウリとジャック・ブルースはよく組むようになりました。

-----

話、変わりますが…。
ジーノの目は、かなり澄んだブルーで、表面上穏やかで孤高を愛する割には大阪芸人風で、野生的勘も鋭いゆえ、わたくし、「シベリアン・ハスキー(Siberian Husky)」を連想したりもしたのですが......、

このビデオを見ていたら、「いや、もしかしたら、コッカー・スパニエル(Cocker Spaniel)?」と、思ってしまいましたです。はい。笑
ちなみに、ロート兄弟も昔、黒いコッカー・スパニエルを飼っていたそうで、名前は「モーリス」。あとで写真を見つけてみましょう。

スポンサーサイト

Tal Wilkenfeld 

新旧問わず、ジーノ・ロートが手放しで絶賛するひとの一人がジェフ・ベック(Jeff Beck)です。

英国に住んでいる利点のひとつは、TVなどで頻繁にジェフのプレイを目にすることができることで、2002年だったか2003年だったか、大晦日の「Later with Jools Holland」(BBC)ショウでのジェフ・ベックには度肝を抜かされました。

最近では、BBC Fourの「Jeff Beck at Ronnie Scott's」が圧巻だったのですが、そこで(ジーノも)はじめて知ったのが、ベースのTal Wilkenfeld(タル・ウィルケンフェルド)。
ジェフとの共演で最高なのが、2007年の「Crossroads Guitar Festival」(シカゴ)でのこの名曲。「Cause We Ended As Lovers」。



シドニー生まれでLA Music Academy卒業、現在アメリカ在住の22歳なのですが、ギターからベースに切り替えて4年だそうです。それでこのプレイ。すばらし過ぎます。

>> ちなみに、ジェフ・ベックは、ジーノの義姉で、良き理解者でもあったモニカ・ダンネマン(ウリの長年のパートナー。1996年死去)とも懇意でございました。

>> ギター同様、自らベースも弾きこなすジーノのもっとも好きなベース・プレイヤーは、YESのクリス・スクワイア(Chris Squire)です。

Looking back 

Zeno以前」のコメントでご指摘受けて、改めて思い出したJutta Weinholdの「Velvet Viper」。(ヴォスザルさん、ありがとうございます。そういえば、マイケルさん(Michael Voss)も参加されていたのですね。)

このアルバムは、第一次「ZENO」解散後に声をかけられて、ソロ2曲でジーノが参加したものですが(1991年)、ハンブルグの「Soundhaus Studios」で録ったことは覚えているものの、どの曲を弾いたのかはまるで記憶になし(本人談)とのこと。orz

が、しかし、このレコーディングで知り合ったのが、オーラフ・ユング(Olaf Jung)くん。
その後オーラフくんがジーノにデモを送り、彼の才能を高く評価していたジーノに、「実はすごい有能なギタリストがいるのだけど…」と紹介され、アルバム「Sunset Cruise」の(日本)ディールのお手伝いをさせていただくに至りました。



(今はなき)アルファミュージックさま、その節は大変お世話になりました。

オーラフは、いまは、オーラフ・レンク(Olaf Lenk)名で、At Vance等で活躍されているそうですが、上手い方ですし、今後のさらなるご活躍をお祈りいたします。

Zeno以前 

ZENOを結成する前に、ウレ・リトゲン(Ule Ritgen)、(ウルリッヒ・ロートの)「Dawn Road」「Scorpions」のアヒム・キルシュニング(Achim Kirschning)、フランク・トレ(Frank Tolle)と、「Black Angel」(1974-1978)を結成していたことは結構知られていますが、この「Black Angel」後、ジーノは幾つかのバンドにゲスト参加していた時期がありました。

そのひとつが、ユタ・ヴァインホルト(Jutta Weinhold)のバンド。
ジーノの参加したライヴ映像(1980年)をYouTubeで見つけたので(笑)、本人の了解を得て、記念に貼っておきます。ふふ。
彼がその後確立する「ZENO系」とは、音質がだいぶ異なりますが、古き良きロックの香り(?)がします。



Songs for Streaming 


ZENOQuantcast


-----

Also available on iLike.


Zeno MP3 

公式サイトおよびブログ上にある、ジーノ(Zeno Roth)のMP3を集めてみました。(これらは、アーティスト公認のMP3です。)

-----

>> Sunset Birds Flying Home (Celestial Touchdown) [Runway To The Gods]
>> Refugees (Longing For Paradise)(excerpt) [Runway To The Gods]
>> Shades Of Blue (excerpt) [Runway To The Gods]
>> Fanfares Of Love (excerpt) [Runway To The Gods]
>> Sogno Di Angelo (excerpt) [Runway To The Gods]
>> I Feel - I Live (excerpt) [Runway To The Gods]
>> Refugees (Longing For Paradise) (excerpt) [Runway To The Gods]


>> Together [Zenology]
>> Together (Tommy Heart Version) (excerpt)
>> Heat Of Emotion (excerpt) [Zenology]
>> Crystal Dreams [Zenology]


>> Meet Me At The Rainbow (excerpt) [Listen To The Light]
>> Listen To The Light (excerpt) [Listen To The Light]
>> Rainforest Tears (excerpt) [Listen To The Light]
>> Tomorrow Arise (excerpt) [Listen To The Light]


>> Call Of The Heart (excerpt) [Zenology II]
>> Victoria (excerpt) [Zenology II]


>> Eastern Sun (excerpt) [ZENO]
>> Heart On The Wing (excerpt) [ZENO]
>> Sent By Heaven (excerpt) [ZENO]


-----
>> White Death Of A Blind Life [Black Angel]


さらに、YouTubeより2点。

A Little More Love



Love Will Live


バンド名と東方幻想 

ZENO」というバンド名およびアーティスト名は、ギリシャ哲学ストア派のゼノンから…というのは有名ですが(…ですか?)、この前身となったのが「BLACK ANGEL」。
本人によれば、ウレ(Ule Ritgen)とふたりで考えたんじゃなかったかな?…との曖昧な記憶ですが、でもマレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)の「The Blue Angel(ドイツ語名:Der Blaue Engel / 邦題:嘆きの天使)」から影響を受けたような気がする…とのこと。

この「ブラック・エンジェル」(「エンジェルNo.7」という、いまでは笑いのネタにもなっている楽曲がありますが…。あとで、MP3探しておきましょう(笑))については、また後ほど書くとして、このバンド解散後、「ZENO」となる前に、実はジーノとウレで、別のバンド名を模索していた時期がありました。1981年ごろです。

そしてそのときのバンド名候補は、日本語名だったりします(笑)。
ドイツで知り合った日本人に日本語を教えてもらったそうですが、その中のひとつが、「North Wind」(…つまり日本語名で「Kitakaze」)。(うむ)
他に「Kami-Arashi」(神嵐)、「Tamashii」(魂)、「Atarashii-Z」(新しいZ)…。orz
ZENOでよかったと思います(笑)。



さらにこの時代(ZENO直前)、「The Opening Of The Gates」という、非常に東洋的なインストゥルメンタル(Bマイナー)を作曲しています。そしてこのとき一緒にインストのアイディアとして残していたのが、「In The Rainforest」。現在「Listen To The Light」アルバムの中で聴ける楽曲「Rainforest Tears」の元となったものです。

ジーノ版ミュージック・バトン 

Zeno Roth

ミュージック・バトン(Musical Baton)風に、ジーノ(Zeno)のよく聴く音楽編です。

>> Song playing right now (今聞いている曲)

「何も聴いていない」…というのが答えで(笑)、日常ではほとんど音のない世界にいます。時々車の中で、モーツァルトやベートーヴェンを聴くことはあるようです。

>> The last CD I bought (最後に買ったCD)

ほとんどCDは買いません。なので、最後に買ったCDも記憶にない…とのこと。

>> Five songs (tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

楽曲と言うより、アルバムで…ということで。
1. Yesの「Relayer

-Yes- Relayer

2. Jimi Hendrixの「Axis: Bold As Love

-Jimi Hendrix- Axis: Bold As Love

3. Jeff Beckの「Blow By Blow

-Jeff Beck- Blow By Blow

4. Beethovenの「交響曲第5番」



5. おそらく自分の過去のアルバム

ジーノにとっての20世紀最大のアーティスト(作曲、作詞ともに)は、ジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)とボブ・ディラン(Bob Dylan)。
ベスト・ギタープレイヤーは、ジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)、ジャンゴ・ラインハート(Django Reinhardt)、ジェフ・ベック(Jeff Beck)、それからピーター・グリーン(Peter Green)。
時代を超えた偉大な作曲家は、ベートーヴェン(Beethoven)、モーツァルト(Mozart)、バッハ(Bach)、そしておそらくチャイコフスキー(Tchaikovsky)…とのこと。

2本のストラトとプロモーションビデオ(1st) 

新作発売日直前に、過去の作品に話が戻る…というのもなんなんですが、過去があっての現在…ということで。

下のエントリーでギターの話に触れましたが、この2本のストラト(現在の「白」と既に手放した「黒」)が見られるのが、1986年の1stアルバムのプロモーションビデオです。

まずは、現在の「白ストラト」。
これはバラードの名作「Love Will Live」の中で…。

Love Will Live


さらに幻の「黒ストラト」。
これは「A Little More Love」の中で…。

A Little More Love

>> A Little More Love (Youtube)

このふたつのビデオは、EMI UK時代に作られたものですが、監督は2作品とも、巨匠ストーム・ソーガソン(Storm Thorgerson)氏。
ミュージックビデオの世界では、ピンク・フロイド(Pink Floyd)、ロバート・プラント(Robert Plant)、ポール・ヤング(Paul Young)、ニック・カーショウ(Nik Kershaw)、イエス(Yes)などのPVを手がけています。(たとえば、Yesの「Owner Of A Lonely Heart」とか…。)

Pink Floyd : Atom Heart Motherそして、ソーガソン氏といえばアルバム・カヴァー。
彼が中心であった「ヒプノシス(Hipgnosis)」時代の有名なアルバム・カヴァーを揚げていったらキリがなくなりますね。アルバム・カヴァーの定説を打ち破ったデザインは、とにかく斬新でした。
ちなみにこのカヴァーは、ご存知、ピンク・フロイド(Pink Floyd)の「Atom Heart Mother(原子心母)」。ソーガソン氏のワークです。

話が前後しますが、あの時代、YESとも交流のあったZenoですが、彼にとっての、昔からのそして今に至るまでの、ベーシストとしてのヒーローは、クリス・スクワイアー(Chris Squire)。
Listen To The Light」アルバム以降、プロデュースに加えて全楽器を担当しているZeno Rothのベースの上手さが時々話題にされますが、彼のベース・プレイはクリスからの影響が大きいようです。
| HOME |
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。