スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーノ版ミュージック・バトン 

Zeno Roth

ミュージック・バトン(Musical Baton)風に、ジーノ(Zeno)のよく聴く音楽編です。

>> Song playing right now (今聞いている曲)

「何も聴いていない」…というのが答えで(笑)、日常ではほとんど音のない世界にいます。時々車の中で、モーツァルトやベートーヴェンを聴くことはあるようです。

>> The last CD I bought (最後に買ったCD)

ほとんどCDは買いません。なので、最後に買ったCDも記憶にない…とのこと。

>> Five songs (tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

楽曲と言うより、アルバムで…ということで。
1. Yesの「Relayer

-Yes- Relayer

2. Jimi Hendrixの「Axis: Bold As Love

-Jimi Hendrix- Axis: Bold As Love

3. Jeff Beckの「Blow By Blow

-Jeff Beck- Blow By Blow

4. Beethovenの「交響曲第5番」



5. おそらく自分の過去のアルバム

ジーノにとっての20世紀最大のアーティスト(作曲、作詞ともに)は、ジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)とボブ・ディラン(Bob Dylan)。
ベスト・ギタープレイヤーは、ジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)、ジャンゴ・ラインハート(Django Reinhardt)、ジェフ・ベック(Jeff Beck)、それからピーター・グリーン(Peter Green)。
時代を超えた偉大な作曲家は、ベートーヴェン(Beethoven)、モーツァルト(Mozart)、バッハ(Bach)、そしておそらくチャイコフスキー(Tchaikovsky)…とのこと。
| HOME |
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。