スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンド名と東方幻想 

ZENO」というバンド名およびアーティスト名は、ギリシャ哲学ストア派のゼノンから…というのは有名ですが(…ですか?)、この前身となったのが「BLACK ANGEL」。
本人によれば、ウレ(Ule Ritgen)とふたりで考えたんじゃなかったかな?…との曖昧な記憶ですが、でもマレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)の「The Blue Angel(ドイツ語名:Der Blaue Engel / 邦題:嘆きの天使)」から影響を受けたような気がする…とのこと。

この「ブラック・エンジェル」(「エンジェルNo.7」という、いまでは笑いのネタにもなっている楽曲がありますが…。あとで、MP3探しておきましょう(笑))については、また後ほど書くとして、このバンド解散後、「ZENO」となる前に、実はジーノとウレで、別のバンド名を模索していた時期がありました。1981年ごろです。

そしてそのときのバンド名候補は、日本語名だったりします(笑)。
ドイツで知り合った日本人に日本語を教えてもらったそうですが、その中のひとつが、「North Wind」(…つまり日本語名で「Kitakaze」)。(うむ)
他に「Kami-Arashi」(神嵐)、「Tamashii」(魂)、「Atarashii-Z」(新しいZ)…。orz
ZENOでよかったと思います(笑)。



さらにこの時代(ZENO直前)、「The Opening Of The Gates」という、非常に東洋的なインストゥルメンタル(Bマイナー)を作曲しています。そしてこのとき一緒にインストのアイディアとして残していたのが、「In The Rainforest」。現在「Listen To The Light」アルバムの中で聴ける楽曲「Rainforest Tears」の元となったものです。

| HOME |
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。