スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーノ・ロート経歴 

1956年6月30日
ドイツ・デュッセルドルフ(Duesseldorf, Germany) にてロート家の次男として生まれる。
父、カール・ヨーゼフ・ロート(Carl Josef Roth) はジャーナリストとして活躍していたが、同時に多くの著書もあった。

1963年 
ハノーヴァー(Hannover)に移住。

1970年
ギターを独学で始める。
この頃は、クリーム(CREAM)、ジョニー・ウィンター (Johnny Winter) などのブルーズをよく聴いていたが、同時にイエス(YES) やレッド・ツェッペリン(LED ZEPPELIN) 等にも興味を持っていた。後にジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix) にも影響されるようになる。

1973年6月
兄ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth) がスコーピオンズ(SCORPIONS) に参加。

1973年~1975年 
ギターに加え、ヴァイオリンのレッスンも受けはじめる。

1974年
ウレ・リトゲン(Ule Ritgen)、アヒム・キルシュニング(Achim Kirschning )、フランク・トレ(Frank Tolle ) をメンバーに、最初のバンド「BLACK ANGEL」を結成。

1977年 
約3年間にわたるドイツ・ツアーののち、BLACK ANGEL解散。

1978年 
半年間渡英しバンドを探すが、パンクやニュー・ウェイヴが中心となっていた当時のUK音楽シーンの中では、うまくいかなかった。

1978年7月 
ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth) がスコーピオンズ(SCORPIONS) を脱退し、自らエレクトリック・サン(ELECTRIC SUN) を率いる。ウレ・リトゲン(Ule W Ritegn) がエレクトリック・サン(ELECTRIC SUN) に参加。

1979年~1983年 
バンド名やメンバーはそれぞれ変えながらも、この時期、多種類のバンドを結成していく。多くの曲や詞を自らのバンドのために書く。後の ZENO の曲となる作品もこの時期にいくつか作られている。
ディールは成功せずも、いくつかのドイツのバンドとツアーをしたり、レコーディングを行う。

1979年 
エレクトリック・サン(ELECTRIC SUN) が、ファースト・アルバム「Earthquake」をリリースする。

1980年 
エレクトリック・サン(ELECTRIC SUN) のセカンド・アルバム「Fire Wind」リリース。

1983年12月 
エレクトリック・サン(ELECTRIC SUN) が、3枚目のアルバム、「Beyond The Astral Skies」のレコーディングに入る。
ウレ・リトゲン(Ule W Ritgen)、マイケル・フレクシグ(Michael Flexig) らとともにレコーディングに参加。

1984年2月 
ウレ・リトゲン(Ule Ritgen) とともにバンドZENOを結成。デモの制作をはじめる。マイケル・フレクシグ(Michael Flexig) が、臨時のヴォーカリストとして参加。
デモとして収録されたのは、“Eastern Sun” “A Little More Love” “Signs On The Sky” “Don't Tell The Wind” “Far Away” “Love Will Live” の6曲。
多くの大手レーベルがこのデモに興味を示す。
当初の意志に反して、マイケル・フレクシグ(Michael Flexig) がZENO の正式メンバーとなる。

1984年6月
EMI UKとレコード契約を結ぶ。
ヨーロッパにおける新人バンドのディールとしては、その契約金の高さで、破格の契約のひとつとなる。
エレクトリック・サン(ELECTRIC SUN) の「Beyond The Astral Skies」アルバムが完成。ウレ・リトゲン(Ule Ritgen) がエレクトリック・サン(ELECTRIC SUN) を離れる。

1985年1月 
アルバム「ZENO」のレコーディングが、英国のアビー・ロード・スタジオ(Abbey Road Studios)を含む、世界各国の多くのスタジオを使って開始される。
チャック・バーギ(Chuck Burgi )、スチュワート・エリオット(Stuart Elliot)、カール・マーシュ(Carl Marsh )、ドン・エイリー(Don Airey )、クリス・トンプソン(Chris Thompson) らがレコーディングに参加。

1985年8月 
アルバム「ZENO」完成。

1986年2月 
“A Little More Love”ビデオ(PV)を制作。

1986年3月 
ファースト・シングル「A Little More Love」がリリースされた後、アルバム「ZENO」が、ヨーロッパ、アメリカ、続いて日本でも発売される。

1986年5月~
ブラック・サバス(BLACK SABBATH) のサポートアクトとしてヨーロッパをツアー。ロッド・モーゲンスタイン (Rod Morgenstein ) とラリー・ドヴォースキン (Larry Dvoskin ) がこのツアーに参加。
ビデオ(PV) “Love Will Live”を制作。

1986年6月~7月
クロークス(KROKUS) 、 キール(KEEL)とともにアメリカツアーを行う。
また、英のフェスティバルでクィーン(QUEEN) とも共演。

1986年9月
ZENOのセカンド・アルバムのためのレコーディング開始。(“Heat of Emotion” “Out in the Night” “Is It Love” も、このときにレコーディングされている。)

1988年 
EMI UK を離れる。

1988年8月
マイケル・フレクシグ(Michael Flexig)がバンドを脱退し、新しいヴォーカルとしてトミー・ハート(Tommy Heart) がZENO に加入。
さらに“Surviving the Night” “Together” などがレコーディングされる。ゲフィン(Geffen Records) が ZENO に興味を示すが、ディールには至らなかった。

1989年
事実上、バンドZENO 解散。
活動の中心を音楽から執筆に移す。多くの詩や歌詞、哲学書、ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare) に関する小説やジャン・ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau) に関する論文等、幅広い執筆活動を行う。
また同時に、自分や他のバンドのための作曲活動も続ける。

1991年4月 
ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth) 総指揮の下、ケルンで行われた「ザ・ジミ・ヘンドリクス・コンサート ( The Jimi Hendrix Concert)」に参加。

1993年4月 
ZENO から派生したバンド、フェア・ウォーニング(FAIR WARNING) により、日本で“Eastern Sun”などが演奏される。これらの曲は、古いファンのみならず、ZENO を知らなかった若い層にも強いインパクトを与える。

1993年10月 
アルバム「ZENO」がCD化され、日本で東芝EMIより再発される。

1993年11月
1987年から1994年までにレコーディングされた曲を収録した、プロジェクト・アルバムのリリースを決める。ゼロ・コーポレーション(当時)と契約を結ぶ。

1993年12月
新たな着眼点で、ジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix) に関する本を執筆する構想を練る。

1994年10月
アルバムのレコーディングを開始。
モニカ・ダンネマン(Monika Dannemann) による、ジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix) の精神的、哲学的局面に焦点を当てたアート・ブックの出版が具体化し、この本の共著者となる。

1994年12月
ZENO のセカンド・アルバム「Zenology」完成。

1995年3月8日
アルバム「Zenology」リリース。
オリジナル・コンフィデンス(オリコン)による日本の音楽チャート(洋楽、邦楽含む)で64位、洋楽部門では25位。ロック・ミュージック・チャートでは、ボン・ジョビ(BON JOVI)、ヴァン・ヘイレン(VAN HALEN)、ファイアー・ハウス(FIRE HOUSE) に続き4位を獲得。

1995年8月 
モニカ・ダンネマン(Monika Dannemann )(共著:ジーノ・ロート)による「The Inner World of Jimi Hendrix」がイギリスで出版される。

1995年9月
「Zenology」がヨーロッパにて発売。

1995年12月 
ZENO の次作のための曲作りを始める。

1996年~ 
ZENOの3作目のレコーディングを開始。すべての楽器を担当する。

1996年7月16日
息子、Shion William Roth誕生。

1997年12月
「Listen To The Light」アルバム完成。

1998年1月28日 
日本で「Listen To The Light」がゼロ・コーポレーション(当時)よりリリースされる。
オリコンによる日本の音楽チャート(邦楽含む)で、初登場26位、洋楽部門では6位、ロック・ミュージック・チャートではPERL JAM に次いで2位を獲得。

1998年4月
「Listen To The Light」アルバムが、ヨーロッパでもリリースされる。

1998年5月 
次作のための曲作りに入る。

1999年4月 
BURRN! 誌の読者による年間人気投票で、「Listen To The Light」がアルバム部門の2位、ジーノ・ロートがギタリスト部門の2位、ソングライター部門3位、"Meet Me At The Rainbow" が曲部門の9位に選出される。

2000年8月
英国に移住。新作のためのレコーディングを続ける。

2003年10月
過去3作 (ZENO、ZENOLOGY、LISTEN TO THE LIGHT) のデジタル・リマスター・バージョンの発表を決定。伝説のデモと称されたファーストアルバムのデモを含む ZENO の歴史上の楽曲を「The Making of ZENO」と題して、ボーナス・トラックとする構想を練る。

2004年
デジタル・リマスター盤の最終作業、最終調整。未発表曲集2としたコンピレーション・アルバム「ZENOLOGY II」の制作。

2004年11月
長い間廃盤となっていたファーストアルバム「ZENO」が、ヨーロッパでMTM Musicより再発される。

2006年9月
「Runway To The Gods」リリース。オリコン・アルバム・チャートは初登場19位を記録。

| HOME |
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。