スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Looking back 

Zeno以前」のコメントでご指摘受けて、改めて思い出したJutta Weinholdの「Velvet Viper」。(ヴォスザルさん、ありがとうございます。そういえば、マイケルさん(Michael Voss)も参加されていたのですね。)

このアルバムは、第一次「ZENO」解散後に声をかけられて、ソロ2曲でジーノが参加したものですが(1991年)、ハンブルグの「Soundhaus Studios」で録ったことは覚えているものの、どの曲を弾いたのかはまるで記憶になし(本人談)とのこと。orz

が、しかし、このレコーディングで知り合ったのが、オーラフ・ユング(Olaf Jung)くん。
その後オーラフくんがジーノにデモを送り、彼の才能を高く評価していたジーノに、「実はすごい有能なギタリストがいるのだけど…」と紹介され、アルバム「Sunset Cruise」の(日本)ディールのお手伝いをさせていただくに至りました。



(今はなき)アルファミュージックさま、その節は大変お世話になりました。

オーラフは、いまは、オーラフ・レンク(Olaf Lenk)名で、At Vance等で活躍されているそうですが、上手い方ですし、今後のさらなるご活躍をお祈りいたします。

| HOME |
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。