スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tal Wilkenfeld 

新旧問わず、ジーノ・ロートが手放しで絶賛するひとの一人がジェフ・ベック(Jeff Beck)です。

英国に住んでいる利点のひとつは、TVなどで頻繁にジェフのプレイを目にすることができることで、2002年だったか2003年だったか、大晦日の「Later with Jools Holland」(BBC)ショウでのジェフ・ベックには度肝を抜かされました。

最近では、BBC Fourの「Jeff Beck at Ronnie Scott's」が圧巻だったのですが、そこで(ジーノも)はじめて知ったのが、ベースのTal Wilkenfeld(タル・ウィルケンフェルド)。
ジェフとの共演で最高なのが、2007年の「Crossroads Guitar Festival」(シカゴ)でのこの名曲。「Cause We Ended As Lovers」。



シドニー生まれでLA Music Academy卒業、現在アメリカ在住の22歳なのですが、ギターからベースに切り替えて4年だそうです。それでこのプレイ。すばらし過ぎます。

>> ちなみに、ジェフ・ベックは、ジーノの義姉で、良き理解者でもあったモニカ・ダンネマン(ウリの長年のパートナー。1996年死去)とも懇意でございました。

>> ギター同様、自らベースも弾きこなすジーノのもっとも好きなベース・プレイヤーは、YESのクリス・スクワイア(Chris Squire)です。

| HOME |
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。