スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかな忘却 -A Slight Touch Of Oblivion- 

Ein leichter Hauch des Vergessens

Runway To The Gods」のブックレット内で使われた3枚目の(そして最後の)ウレ・リトゲン(Ule Ritgen)のイラストレーションがこの作品です。
これに呼応するジーノ(Zeno Roth)の詩は、「ア・スライト・タッチ・オブ・オブリヴィオン(A Slight Touch Of Oblivion):ささやかな忘却」。(ドイツ語原文は、「Ein leichter Hauch des Vergessens」)。

ブックレット内ではミドルスリーヴに使われています。(「Runway To The Gods」用にレタッチを加えたのは、Zeno本人。)

Runway To The Gods

この詩の英語版をアップします。

A Slight Touch Of Oblivion

A slight touch of oblivion
is covering all life.
In yellow daydream leaves come down, despaired
people sweep the sidewalk.
Soon Existence will, unmasked -
a scarecrow in the wind - stand shivering with Time.
Deserted fields will lie asleep,
as lifeless barren torsos, overcast
by white frost of oblivion.
Once more trees, naked beyond recognition,
as snow traps will be lining roads, like once in Poland.
And once again oblivion
will ease the chill of being man
with velvet gloves.
But too, like every fall, temptation rises
to lay and sleep beside the leaves
in blesséd dreams to hibernate
and flee cold-hearted Time.
Be, brothers, sisters leaves, a bed
for this one who cannot forget
that he is man and has to sleep, not knowing
where else his head to lay. –
Thus plays Creation with our souls,
when all around us fades, descending
and sweet illusions (fairy tales)
of everlasting youth fall to their death.
Yet all this does not touch my heart.
Amidst it all it stands alone.
Here only warmth and blessed forgetting
of Nature-governed shadow plays;
A fire, burning deep inside,
content within itself,
to outlast times of cold
for long.

(Zeno Roth)
| HOME |
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。