スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー 



ブログもかくも長いブランクがあると、何から書き始めていいのか考えてしまうものですが、とりあえずは現在のジーノについてからはじめたいと思います。

音楽以外も含めて、いくつかのプロジェクトを平行移動させているジーノ・ロート(Zeno Roth)ですが、現時点で、ZENO次作のレコーディングやリリースの予定は残念ながらありません。

…おわり。


じゃなくて、いま彼がもっとも力を注いでいるのが、後輩育成と楽曲提供です。
「ランウェイ~(Runway To The Gods)」レコーディング時から、ロート兄弟でひそかに計画していたのが、(ロートならではの)音楽アカデミー。
ギターのみならず、作詞・作曲、レコーディング手法とプロダクション、ステージ、マネジメント、音楽(人生)哲学…に至るまで、彼らの持っている才能と経験を有能な若手に引き継いでいこう…という長期ライフプラン。

これを、ウリ(Uli Jon Roth)は、既にUli Jon Roth Sky Academyとして、LAを皮切りに、ニューヨーク、(そして今年はニュージーランドも)で開催、成功させていますが、数年前の計画当初、ウリはジーノに作詞・作曲の講師を依頼しておりました。(秘話)
ロート兄弟の「コーエン兄弟」化が実現することは(周りの予想通り)ありませんでしたが、この理念に向けて、ふたりはそれぞれの道を進んでいます。




メガロマニアで常にハリウッド的なウリに対し、ジーノは例えればマニアックなヨーロッパ映画を上映するミニシアター系。
…というわけで、ウリとは一味違うジーノ独自のアカデミーを現在構築中です。

ショウの前にまず脚本ありき。…で、ジーノのギター教本も手直し中。「手直し」というのは、実は教本は彼が20代の頃から既に書き留めており、中には、地獄の「ツェルニー100番練習曲(by Carl Czerny)」風(←ピアノやってる人にしかわからんですかね?笑)なものもあるようです。そしてこれら、練習には効果的なもの多し…とのこと。(本人および教え子談)

現在、住居のある英国はウェールズにて、小規模ながら最初の一歩を踏み出したところですが(いまのところはギターとプロダクション中心)、将来、このアカデミーを「日本」で実現させるべくひそかに(しかし確実に)計画を推進中。
日本でみなさまにお会いできる機会もあるかもしれません。

…というわけで、お知らせでした。

Zeno MP3 

公式サイトおよびブログ上にある、ジーノ(Zeno Roth)のMP3を集めてみました。(これらは、アーティスト公認のMP3です。)

-----

>> Sunset Birds Flying Home (Celestial Touchdown) [Runway To The Gods]
>> Refugees (Longing For Paradise)(excerpt) [Runway To The Gods]
>> Shades Of Blue (excerpt) [Runway To The Gods]
>> Fanfares Of Love (excerpt) [Runway To The Gods]
>> Sogno Di Angelo (excerpt) [Runway To The Gods]
>> I Feel - I Live (excerpt) [Runway To The Gods]
>> Refugees (Longing For Paradise) (excerpt) [Runway To The Gods]


>> Together [Zenology]
>> Together (Tommy Heart Version) (excerpt)
>> Heat Of Emotion (excerpt) [Zenology]
>> Crystal Dreams [Zenology]


>> Meet Me At The Rainbow (excerpt) [Listen To The Light]
>> Listen To The Light (excerpt) [Listen To The Light]
>> Rainforest Tears (excerpt) [Listen To The Light]
>> Tomorrow Arise (excerpt) [Listen To The Light]


>> Call Of The Heart (excerpt) [Zenology II]
>> Victoria (excerpt) [Zenology II]


>> Eastern Sun (excerpt) [ZENO]
>> Heart On The Wing (excerpt) [ZENO]
>> Sent By Heaven (excerpt) [ZENO]


-----
>> White Death Of A Blind Life [Black Angel]


さらに、YouTubeより2点。

A Little More Love



Love Will Live


エロイカ -Eroica- 

アルバム「Runway To The Gods」ブックレットのクレジット・ページには、

This album is dedicated to: Beethoven



の一文があります。

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、チャイコフスキー…と、クラシック作家を愛聴するジーノですが、兄のウリ(Uli Jon Roth)ほどはマニアックでなく、良作は幅広く聴いていた弟。
…が、「Ruway To The Gods」の制作終盤時、彼が一番必要としていたのがベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)でした。

それまでは、「好きなクラシック曲や作家を一人に絞るのは難しいな。みんなそれぞれすばらしい..」とか、ソフトな主義をとっていたようですが(> Yeah, right...)、「ランウェイ~」以来、「最も愛する作曲家はベートーヴェン」と変化しています。
そんなジーノがアルバム制作終盤で、魂を奪われるように見入っていた(聴き入っていた)DVDがこちらです。
>> Eroica

英BBCのドキュ・ドラマとして放映されていたものを録画して見続けていたのですが(その後、DVD購入)、この作品、かなり彼のツボにはまったらしいです。
主演はイアン・ハート(Ian Hart)。
(*ジョニー・デップ / ウィンスレットの「Finding Neverland」にも出てましたっけ。そういえば、ハリポタ1作目(「Harry Potter and the Philosopher's Stone」)で、 "Professor Quirrell"と、当時のヴォルデモート(Lord Voldemort)の声とイメージを演じたのもイアン・ハートです。今となっては懐かしいけど…。その後、具現化されたヴァルデモートは、おなじみ、レイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)に変わりましたっけね。ちなみに管理人的には、ハート出演作品の中では、「Wonderland(ひかりのまち)」が一番好きかも。→ほんとに余談)。

「ランウェイ~」制作時に日に日に衰えていく聴覚に怯え、焦り、憤り…という自らの苦悩を、天才ベートーヴェンの自伝の中に重ねていった…っていうのはもちろんあると思いますが、しかしそれ以上にシンクロするなにかがあったのではないかと思います。
というわけで、DVD「エロイカ」は、ジーノの永久保存版的な一作。

アルバム発売以降も、何冊か、ベートーヴェンの自伝を再読したりしてましたが、この映画もハイライトだったかな。






>> Copying Beethoven

ストーリー的に「ん?」なところはあったものの、エド・ハリス(Ed Harris)版ベートーヴェンが圧巻でした。
邦題は「敬愛なるベートーヴェン」。

「やっぱり、ベートーヴェンはロックなんだ。しかもハードでヘヴィなロック。そこがモーツァルトとは違う。」…というのが彼の談。
(*ちなみに、ウリのもっとも敬愛するクラシック作家は、モーツァルト。…って、弟のコメントと兄の趣向とは関係ありませんけど。笑)





映画の中でのこのシーン。
これが、まさにジーノそのもので、管理人は笑いました(笑)。



そして一番有名なこのシーン。



最後に、Quote;

Ludwig van Beethoven: The vibrations on the air are the breath of God speaking to man's soul. Music is the language of God. We musicians are as close to God as man can be. We hear his voice, we read his lips, we give birth to the children of God, who sing his praise. That's what musicians are. ("Copying Beethoven" より)




::: お知らせ ::: 



長らくご無沙汰いたしております。
そろそろ活動再開の時期かと思いますので(> Zeno Roth)、
近況含めてブログも更新をはじめたいと思います。
またどうぞよろしくお願いいたします。

(…とか言って、写真は使いまわしですみません。)

謹賀新年 

みなさま、明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
もしよろしければ本年もまたどうぞよろしくお願い申し上げます。

---管理人---

さて。
昨年は10月後半から、(管理人が)怒涛の忙しさの波に呑み込まれ、このジャーナルも放置状態となっておりました。まことに申し訳ございません(滝汗)。(ジーノ・ロートも確か忙しかったんじゃないかな…と思うのですが、あのかたにとって、2ヵ月半と2時間半というのは、ほぼ同じ感覚だったりするのでよくわかりませんが…。)

コメントおよびメールをくださったみなさま、すべて読ませていただいております。どうもありがとうございます。(のちほどお返事書かせていただきます。遅くなってすみません。)

…というわけで、新年は、まずジーノ(Zeno Roth)から日本のみなさまへのメッセージ・ゲット作戦を展開中でございます。(…ってか、遅いよ!>自分)
お時間がありましたら、またぜひ足跡残してくださいませ。

ヴォーカル考 -6- 

ヴォーカル考 -5-」より続きます。

ジーノ(Zeno Roth)のマネージャーとヘルゲ・エンゲルケ(Helge Engelke)は、実は結構な腐れ縁で旧知の仲。(つまり言いたい放題…。)
ジーノからオーラフの名前が挙がった時点で、「げっ!またファミリー使いまわしかよ…」というヘルゲの言葉を受け、マネージャーも「なら、いいヴォーカル紹介してみれ!」と売り言葉に買い言葉。

そこで、「結構な実力があるのに、ドイツ人のミュージシャン間でもレコード会社からも世間からも、滅法過小評価されてるやつがいるなぁ。」という話が出て、「誰やねん、それは!?」となったわけです。
それが、マイケル・ボーマン(Michael Bormann)だったのですが、そこで十数年前のボーマンを知っているマネージャーとヘルゲで、

マ:「おお、めっちゃかわいかったやん」
ヘ:「・・・」
マ:「ライブもできるやん」
ヘ:「うむ」
マ:「なにしとんのん、いま?」
ヘ:「知らんわ」
マ:「性格どうなん?」
ヘ:「・・・」
マ:「ん?」
ヘ:「性格やなくて実力やろ、要は…」

…というような会話が進んだのでした。

この際に、ヘルゲからは合わせて4人ほど、さらにトミー・ハート(Tommy Heart)からも3~4人のVo.の推薦を受け、CDやらMP3やらの音源を元にしたジーノのヴォーカル・サウンド・チェックが続いていくことになります。
そして、もっとも彼のイメージに近い音が、"90年代の頃の"マイケル・ボーマン(Michael Bormann)だったわけです。

決断は意外と早く、「彼でいく!」というジーノの一声で、裏で慌しくスケジュール調整が行われていきます。
そしてロートとボーマンがはじめて電話で肉声で会話したのが5月上旬。実はこの際、ジーノ・ロートは一抹の不安を胸に抱くことになるのですが、とりあえず会ってセッションを開始してからすべてを決断しようと、この不安を無視します。(それがあとでとんでもない結果を生むことになるのですが…。)

そしてマイケル・ボーマンが、ジーノの所有するウェールズのスタジオに到着したのは2005年5月23日。
実力のあるシンガーに多い、いわゆる「私はディーバ!」風を予想(覚悟)してマイケルに会いましたが、予想を裏切り、彼は性格の良い好青年ぶりをふりまいてくれるのです。
もしかしたらうまくいくのかもしれないな…と思いつつ、しかしスタジオで最初に彼の口をついて出た言葉は、

「こんなの、一日2曲は余裕だよ。なんなら3曲終わらしちゃう?俺は全然問題ないぜ。早く終わらせてパブに行こうぜ~!」

この一言で前途が多難になることは約束されたのでした。orz

…「ヴォーカル考 -7-」に続きます。

記憶の固執 

Persistance de la Memoire

ジーノの詩「Zeit(Time)」の元となった絵は、サルバドール・ダリ(Salvador Dali)の「記憶の固執(Persistance de la Memoire)」、別名「柔らかい時計」(1931年)です。
ダリの属する「シュルレアリスム」というよりは、むしろモネ(Claude Monet)に代表される「印象派」の絵画を愛するジーノですが、(特にモネの「睡蓮」シリーズは、彼のイマジネーションの源と言ってもよいかもしれません。)、ダリには格別の思いがあったようで、彼の強烈なインスピレーションに感化された部分もあるのでしょう。

兄のウリ(Uli Jon Roth)、そのパートナーだったモニカ・ダンネマン(Monika Dannemann)、友人のウレ(Ule Ritgen)、そして彼らの共通の友人たちには絵筆を持つひとが多いのですが、ジーノ(Zeno Roth)はどうかと言えば、彼の書くのはカリカチュア(Calicature=戯画)です(笑)。
でもこれが、妙に上手くおもしろいので、あとで機会があったらこっそり写真に収めておきましょう~(笑)。

友人たちの話題が出たので…。
ウリの敬愛する画家は、レンブラント(Rembrandt)なのですが、ウリの場合、自分の生き方をレンブラントのそれに重ねている場合が多いようです(ふうん)。
ちなみに、ウリ/ジーノのロート兄弟がスタジオとして使っていた場所の壁は、絵画で埋まっておりました。一番多かったのが、今は亡きモニカ(Monika Dannamann)の作品で、次にレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)、ミケランジェロ(Michelangelo)、レンブラント…。(モニカ以外の作品は、もちろんすべて複製ですが…。)
彼らの家の中には「アートルーム」と呼ばれる部屋もあり、キャンバスやら絵筆やら絵の具やらで埋められていたのでした。(結局、みんな忙しくて、最後には「開かずの間」と化していましたけれど…。)

時 / Zeit / Time 

Zeno Rothしばらくご無沙汰をしてしまいました。

まず、ファイアーフェストIII(Firefest III)でのジーノ/フェア・ウォーニング・ジョイント企画は完全に流れることになりました(残念)。
日本から来られるみなさま、楽しい時間を過ごされますように…。

閑話休題

もしかしたらお聞きになられた方もいらっしゃるかもしれませんが、酒井さんの「ヘヴィメタル・シンジケート(HEAVY METAL SYNDICATE)」用にジーノ(Zeno Roth)が自らの詩を読んだIDがあります。

こちらです。音声でどうぞ。→→→ Time

この詩を、原詩のドイツ語と英語訳でご紹介させていただきます。


ZEIT
(1991/June/4)

Wie Skulpturen ragen in die Zeit
Ruinen, und im Schatten, wie verloren
bete ich das Heute.
Hingeworfen in den Lauf
des Rades, das die Stunden mahlt.
Formen sprechen Gottes Wort,
der stille Marmor fließt dahin, im Takt der Träume
beugen sich die Himmel und schwören einen Eid auf Morgen.
Ist dieses die Geburt der Ewigkeit?


TIME

Like sculptures tower into Time
ruins, and in the shadow, like forlorn
I pray the "Today".
Thrown into the course of
the hour-grinding wheel.
Structures speak the Word of God,
the marble calmly flows along; in time with dreams
bow Heavens, swearing an oath on Tomorrow.
Is this the birth of Eternity?



実はこの詩は、ある「絵画」にインスパイアーされているのですが、なんでしょう?
…というのはあまりにも範囲が広過ぎますね(笑)。
ラストネームが「D」ではじまるアーティストの描いた作品です。答えは次回に書きますね。


<<お知らせ>>
先日のクイズの答えに正解をくださったみなさまに、ささやかなもの(ほんとにささやかですみません…)を発送させていただきました。
ここ数日(UKでは毎度のことながら)郵便物のトラブルが続いており、もし「まだ届いてないよ!」という方いらっしゃいましたら、メールにてご連絡いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

青写真 

Zeno Roth 1991

実はここに「速報!」としてアップするべく、とある「朗報」の結果を数日待っていたのですが、結局水に流れました。
あぁ、うたかたの夢。

なんだったか…というと、ジーノ(Zeno Roth)のライブ情報でした。
イギリスはノッティンガムで行われる某フェスティバルの主催者のひとりが「ZENO」の信奉者(86年にダブリンでZENOライヴを見て以来のファン)で、来月末に行われるショウにご招待受けました。
ゲスト(招待客)としての参加でよかったのですが、このフェスティバルに80年代の「第一次ジーノ(ZENO)」関係者がふたり出演する予定になっていることから、いきなりジーノ・ロート(Zeno Roth)本人が、

「じゃ、Eastern Sunを弾いてもいいかな…」

と、提案。(おお!)

ロート兄弟というのは「即興人種」で、ギターと適切な機材と人材と雰囲気さえ整っていればOKなタイプ。
これがもし、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)軍団へのジーノの飛び入り参加…ということであればさほど問題はなかったかもと思うのですが(1991年の「ジミ・ヘンドリクス・コンサート」のように…)、やはり違うタイプのバンドであると、それがいわゆる"ファミリー・バンド"であっても受け止め方も違ってきます。

というわけで、もし実現すれば、ジーノ、ウレ、ロッドでまた同じステージを共有できたかもしれないこの企画。現在、夢と消える方向に向かっています(しゅん)。

ヴォーカル考 -5- 



ヴォーカル考 -4-」より続きます。

1988年、バンド「ZENO」は、使途不明金とトラブルの多かったマネージャーのデイヴ・コーク(Dave Corke)を解雇し、英国の新しいマネージメントに就きます。同時に「EMI UK」も離れ、次作の契約のためにショウ・ケースを行うことになります。(たとえば、ロンドン・レコードとか…。)
このとき、リズム・ギターとして招き入れたのがヘルゲ・エンゲルケ(Helge Engelke)です。家が近かったこともあり、彼のことをよく知っていたジーノ(Zeno Roth)が彼を呼び寄せ、「ZENO」としての新たなスタートを切ることになりました。

…が、同年8月には、マイケル・フレクシグ(Michael Flexig)がバンドを離脱。
新しいヴォーカル探しを担当したのは、ジーノとCC(CC Behrens)で、山のように積まれた資料とテープの中から、あの「イーグル」の図柄↓がジーノの目に留まるわけです。
V2彼ら(バンド「V2」)の音を聴き、そこに自然で天才的な才能を見出したジーノがトミー・ハート(Tommy Heart)に連絡。もともとジーノの大ファンであったトミーが、ほぼ即答で「ZENO」加入に同意する…という話は、フェア・ウォーニング(Fair Warning)ファンの方にはお馴染みかもしれませんね。

そしてこの新メンバーで、当時「ZENO」に多大な興味を示していたゲフィン(Geffen Records)にショウケースを行うのですが、トミーのVo.に難色を示したゲフィンが、トミーを脱退させる条件で契約を提示してきます。が、これにジーノとウレ・リトゲン両者がが反対し、その後、フェア・ウォーニング(Fair Warning)が誕生することになりました。

…というわけで(前置き、長いね。すみません)、ジーノはトミーの才能を高く評価しており、またこういった長い歴史からも、今回のアルバム(Runway To The Gods)のVo.として、遠隔レコーディング(英と独)を試みるのです。
(その後さまざまな経緯から、残念ながらトミーのヴォーカルは実現しませんでしたが…。)

上述のように、ヘルゲとジーノにも長い歴史がありますが、ジーノの新Vo.探しを巡り、「ファミリーって名の下(ウリ・ジーノ・フェア・ウォーニング・ドリームタイド)、同じようなメンバーでサークルを一緒に回っているのって、息苦しくない?」…という自らの言葉を補充するかのごとく(笑)、彼からいろいろなヴォーカル候補の名前が出てきます。

その一人がマイケル・ボーマン(Michael Bormann)でした。(ほかに、ドイツの「マイケル」が、あと2人くらい出てきましたけど…笑。)

…「ヴォーカル考 -6-」に続きます。
BACK | HOME | NEXT
Copyright © Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog:: All Rights reserved. Design By Kana.

Zeno Journal ::Zeno Roth Official Blog::

About Zeno Roth

Zeno

Author:Zeno

---
The Official Zeno Roth MySpace
1956年6月30日、ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。

バンド「ZENO」で、1986年にEMI UKよりファーストアルバム「ZENO」でデビュー以来、メロディアス・ロック・シーン屈指のソングライターとして高い評価を受け続ける。
兄、ウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)とも比較される流麗な泣きのギターワークも常にファンの注目を集める。
また、高いメッセージ性のある詞も、Zeno音楽哲学の中では重要な位置を占めており、そのリリシズム溢れるメロディとともに、ヒーリング・ロックと呼ばれることもある。
作品は完全完璧主義であり、最後の一音に数ヶ月時間を費やすこともある。…が、素顔は結構ひょうきんである。

Copyright © 2006-2009 Zeno Roth All rights reserved.

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

Recent Posts

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Search This Blog

Email Zeno

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。